CSS3 Pre-Reference



word-break

単語間の改行位置の制約

試す






コード

#containe {
    word-break: normal;
    -ms-word-break: normal;
}

サンプル

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.
Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

コメントする


対応ブラウザ

Firefox
まだ
Chrome/Safari
3.0~(変則)
Opera
まだ
InternetExplorer
5~(変則)

パラメータ

normal | break-all | hyphenate
初期値 normal
適用 すべての要素
継承 する
レベル 3
%の解釈 -
適用メディア Vidual
参考文献 CSS Text Level 3#5.2. Line Breaking Rules for non-CJK Scripts: the ‘word-break’ property

解説

非CJKの単語間の改行の扱いを指定します。

このプロパティはInternetExplorerで独自に拡張されたものですが、CSS3で公式に採用される予定です。ただし、キーワードが異なります。大きく異なるのは、CSS3のプロパティは非CJKにのみ作用する点です。また、単語間のみに作用し、単語内での改行には作用しません。

normal
非CJKの各言語に応じた改行可能箇所を設定します。
break-all
非CJKの改行は、2つの書記素クラスタ(単語間のようなもの)の間でのみ可能です。 このキーワードは日本語の中に英単語が混ざるなど、CJKの中に少しだけ非CJKが混じる場合に有用です。
hyphenate
非CJKの改行は、書記素クラスタ間だけでなくハイフネーションの箇所でも可能です。

ただ、これ以外にもエディターの草案にキーワードがあったり、別のプロパティに同様な指定があったりと確定するまでには時間がかかりそうです。

トラックバック

投稿されたコメント