CSS3 Pre-Reference



タイプセレクタ

要素を選択

試す

コード

@namespace hoge url(http://www.example.com);
/* p要素に文字色[赤]を指定 */
p {
    color: red;
}

/* div内のp要素に文字色[緑]を指定 */
div p {
    color: green;
}

/* 「class="sea"」を指定されたp要素に文字色[blue]を指定 */
p.sea {
    color: blue;
}

/* 名前空間「hoge」にあるp要素に文字色[gray]を指定 */
hoge|p {
    color: gray;
}

コメントする


対応ブラウザ

Firefox
すべて
Chrome/Safari
すべて
Opera
すべて
InternetExplorer
すべて

パラメータ

レベル 1
参考文献 Selectors Level 3#6.1. Type selector

解説

対象の要素を指定します。

適用対象の要素名を指定します。

単純セレクタの一つです。

CSS3から名前空間の指定が可能になっています。

@namespace foo url(http://www.example.com);
foo|h1 { color: blue }
foo|* { color: yellow }
|h1 { color: red }
*|h1 { color: green }
h1 { color: purple }

1つ目のルールは、名前空間「foo」に属するh1の色を青にします。
2つ目のルールは、名前空間「foo」に属するすべての要素の色を黄色にします。
3つ目のルールは、名前空間の指定がないh1の色を赤にします。
4つ目と5つ目のルールは、すべての名前空間のh1の色を紫色にします。

トラックバック

投稿されたコメント