CSS3 Reference


:visited

訪問済みのリンク

試す

コード

a:visited { }

サンプル

○×と右側のOK/NGが合致していれば正しいです。

○訪問済みリンク×(おそらく)未訪問のリンク

対応ブラウザ

Firefox
すべて
Chrome/Safari
すべて
Opera
InternetExplorer
すべて

パラメータ

レベル1
参考文献Selectors Level 3#6.6.1.1. The link pseudo-classes: :link and :visited

解説

訪問済みのリンクを示します。

CSS1からの息の長いセレクターです。

コメントする


トラックバック

投稿されたコメント