CSS3 Reference


:scope

ルート要素

試す

例はありません。

対応ブラウザ

Firefox
Chrome/Safari
Opera
InternetExplorer

パラメータ

レベル4
参考文献Selectors Level 4#7.5. The contextual reference element pseudo-class ‘:scope’

解説

現在選択中の要素を参照します。

これはCSSではあまり意味のないもので、スクリプトの変数などで現在選択中の要素を記憶できるものでの利用を想定しています。

jQueryでいう$hoge = $('#hoge');の$hoge変数のようなものです。

コメントする


トラックバック

投稿されたコメント