CSS3 Pre-Reference



:matches()

指定したセレクタの中のいずれかにマッチ

試す

コード

:matches(div, p, section, article) { }
:-moz-matches(div, p, section, article) { }
:-webkit-matches(div, p, section, article) { }
:-ms-matches(div, p, section, article) { } :-moz-any(div, p, section, article) { }
:-webkit-any(div, p, section, article) { }
:-ms-any(div, p, section, article) { }

サンプル

○×と右側のOK/NGが合致していれば正しいです。

○div

○p

○section
○article
×address

コメントする


対応ブラウザ

Firefox
Chrome/Safari
Opera
InternetExplorer

パラメータ

レベル 4
参考文献 Selectors Level 4#4.2. The Matches-Any Pseudo-class: ‘:matches()’

解説

指定した要素のうちのいずれかにマッチします。

:matches(X)のXの部分に、カンマ区切りで合成セレクタを記載します。(複合セレクタは不可です)

例:
:matches(section, nav, head) .date {}
.alert:matches(div, span) {}

:matches()の入れ子や:not(:match(...))は不正です。

複数形なのが気になります、:match()になるかも知れません。

Mozilla系では:-moz-any()として実装されています。

トラックバック

投稿されたコメント