CSS3 Pre-Reference



隣接セレクタ

直後の要素を指定

試す

コード

div + p { }

サンプル

○の要素に赤い枠線が表示されていれば正しいです。

×div: 直前の同じ階層の要素がない

×p: 同じ階層ではない

×div: 直前の要素は正しいがこの要素がpではない

×p: 同じ階層ではない

○p

×p: 直前の要素がpではない

コメントする


対応ブラウザ

Firefox
Chrome/Safari
Opera
InternetExplorer
7~

パラメータ

レベル 2.0
参考文献 Selectors Level 3#8.3. Sibling combinators

解説

直後の要素を指定します。同じ階層である必要があります。

記述方法としては、「div + p」のように、隣接する兄要素(この場合は「div」)と弟要素(この場合は「p」)をプラス記号「+」でつないで指定します。プラス記号の前後に空白類(半角スペースなど)を入れることもできます。

トラックバック

投稿されたコメント