CSS3 Reference


セレクター

ご欄になりたいプロパティ等の名称をクリックしてください。

セレクターは大きく、”単純セレクター”(simple selector)と”結合子”(combinator)に分かれます。単純セレクタを複数つなげて合成セレクタ(compound selector)になります。

合成セレクタをコンビネーターでつなげて、1つの”複合セレクタ”(complex selector)が出来上がります。

複合セレクタを一つ以上カンマ区切りでつなげると、一つの”セレクタリスト”ができあがります。

単純セレクターは更に、全称セレクタ、タイプセレクタ、クラスセレクタ、一意セレクタ、属性セレクタ、疑似要素、疑似クラスに区分されます。全称セレクタ、タイプセレクタに続いてそれ以外のセレクタを任意の個数付けることができます。

その他、細かな解説はこちらをご覧ください。

なお、問題のある詳細度の計算については、問題があるままの状態になっています。

※上記は、より正確と思われるSelector 4の解説に則っています。

コンビネーター

名称説明Lv
兄弟セレクタ同一階層の要素を指定3
子セレクタ子を選択2.0
子孫セレクタ子孫を選択1
隣接セレクタ直後の要素を指定2.0

疑似クラス

名称説明Lv
:above-levelブラウザより表示レベルが上の要素3
:activeアクティブ状態の要素1
:any-linkすべてのハイパーリンク4
:at-levelブラウザと表示レベルが同じ要素3
:below-levelブラウザより表示レベルが下の要素3
:bound-elementバインドされた要素4
:checkedチェックされたUI3
:current現在選択中の要素4
:default初期に選択状態の要素3
:dir()要素の言語の方向を指定4
:disabled無効なフォーム3
:empty内容が無い要素3
:enabled有効なフォーム3
:first-child最初の要素1
:first-of-type最初の指定タイプ要素3
:focusフォーカスされた要素2.0
:future現在選択中の要素より前の要素4
:hoverオンマウス状態の要素2.0
:in-range値が範囲内のフォーム3
:invalid妥当でない値のフォーム3
:lang()要素の言語を指定2.0
:last-child最後の要素3
:last-of-type最後の指定タイプ要素3
:link未訪問のリンク1
:local-linkローカルのX階層のリンク4
:matches()指定したセレクタの中のいずれかにマッチ4
:not()指定された単純セレクタではない要素3
:nth-child()前から順番で指定したパターンに合致3
:nth-last-child()後ろから順番で指定したパターンに合致3
:nth-last-of-type()後ろから順番で指定したパターン・要素に合致3
:nth-of-type()前から順番で指定したパターン・要素に合致3
:only-child唯一の要素3
:only-of-type唯一の指定タイプの要素3
:optionalオプションのフォーム要素3
:out-range値が範囲外のフォーム3
:past現在選択中の要素より前の要素4
:read-only入力不可のフォーム3
:read-write入力可能なフォーム3
:required必須のフォーム3
:rootルート要素2.0
:scopeルート要素4
:targetターゲット先の要素3
:valid妥当な値のフォーム3
:visited訪問済みのリンク1

疑似要素

名称説明Lv
::after要素の直後2.0
::alternate代替要素3
::before要素の直前2.0
::choices選択中のフォーム3
::first-letter1文字目1
::first-line1行目1
::footnote-call脚注要素呼び出し時の置換内容3
::footnote-marker脚注マーカー3
::line-number-left()
::markerマーカー要素2-
::outside要素のラッパー3
::repeat-index繰り返し項目のインデックス部分3
::repeat-item繰り返し項目の繰り返し部分3
::value入力エリア3

その他

名称説明Lv
i 識別子属性値の大文字小文字4
クラスセレクタクラスを選択1
タイプセレクタ要素を選択1
一意セレクタIDを選択1
主体適用対象の要素を指定4
全称セレクタ(ユニバーサルセレクタ)すべての要素2.0
属性セレクタ属性を指定2.0