CSS3 Reference


mark-after

後マーキング

試す

本サイトは対ビジュアル向けのコンテンツのため、スクリーンリーダー向けのプロパティのテスト実装は行いません。

需要があれば対応します。

対応ブラウザ

Firefox
なし
Chrome/Safari
なし
Opera
なし
InternetExplorer
なし

パラメータ

<文字列> | none
初期値none
適用すべて
継承しない
レベル3
%の解釈-
適用メディアAural
参考文献CSS3 Speech Module#9. Mark properties: 'mark-before', 'mark-after' and 'mark'

解説

要素の後ろにマークを挿入します。SSMLとの互換性のために存在します。マークの名称を文字列で指定します。マークなので、実際には読み上げられることはありません。

コメントする


トラックバック

投稿されたコメント