CSS3 Pre-Reference



break-after

改何か位置(後)

試す

文字サイズなど環境に依存する要素が強いため、サンプルはありません。

コメントする


対応ブラウザ

Firefox
まだ
Chrome/Safari
3.0~(変則)
Opera
まだ
InternetExplorer
まだ

パラメータ

auto | always | avoid | left | right | page | column | avoid-page | avoid-column
初期値 auto
適用 ブロック要素
継承 しない
レベル 2.0
%の解釈 -
適用メディア Paged
参考文献 CSS Multi-column Layout Module#5. Column breaks

解説

要素の直後での改ページ、改カラムを制御します。

旧”page-break-after”です。

CSS3では、”page”、”column”、”avoid-page”、”avoid-column”という4つの値が追加されています。

プロパティの名称変更はマルチカラムへの対応に伴うものですが、Safari/Chromeでは、”-webkit-column-break-after”という独自の名称で、改ページとは分けて登録されています。どちらが正式採用になるかは、現段階では不明です。

トラックバック

投稿されたコメント