CSS3 Pre-Reference



visibility

表示するか否か

試す




コード

#containe {
    visibility: visible;
}

サンプル

その後(けむり)したから火がある。吾輩がない、腹がこんな片輪(があとで運転して勤まるものであるか自分だけがいわゆる人間中からとにかく明るくてい上(かたわ)った。

到底(あと)ってしまった。これは減る、しばらくしているがない。

これを守らなければなら家内(めしびつ)まれた御馳走は人を見出(こたつ)って一間(まった上、朝は我儘(と見えてこれをかぶせたり、今日(かない)ねばよい昼ははなはだ不人望で泣き出すので正当に住んであるまい。しかもあとって行くと。その後(たび)める事やらいくら出してやれといったまま奥へ這入(はい)ったら書生の上から食物(とうてい)いての中である。

コメントする


対応ブラウザ

Firefox
すべて
Chrome/Safari
すべて
Opera
すべて
InternetExplorer
すべて

パラメータ

visible | hidden | collapse
初期値 visible
適用 すべての要素
継承 する
レベル 2-
%の解釈 -
適用メディア Visual
参考文献 CSS basic box model#12. The ‘visibility’ property

解説

要素を表示するか否かを指定します。

CSS3でも特に差はありません。

キーワードは以下の通り:

visible
表示します。
hidden
表示しません。表示エリアは確保されます。
collapse
表の行、列、行グループ又は列グループ要素に用いられる場合、該当する行や列を丸ごと切り抜きます。切り抜いた部分は詰めずに空白のまま残します。それ以外の要素に用いられる場合、"hidden"と同じ意味になります。

トラックバック

投稿されたコメント