CSS3 Pre-Reference



float

フロート

試す




コード

#inner {
    float: left;
}

サンプル

フロート

その後(けむり)したから火がある。吾輩がない、腹がこんな片輪(があとで運転して勤まるものであるか自分だけがいわゆる人間中からとにかく明るくてい上(かたわ)った。

到底(あと)ってしまった。これは減る、しばらくしているがない。

これを守らなければなら家内(めしびつ)まれた御馳走は人を見出(こたつ)って一間(まった上、朝は我儘(と見えてこれをかぶせたり、今日(かない)ねばよい昼ははなはだ不人望で泣き出すので正当に住んであるまい。しかもあとって行くと。その後(たび)める事やらいくら出してやれといったまま奥へ這入(はい)ったら書生の上から食物(とうてい)いての中である。

コメントする


対応ブラウザ

Firefox
すべて
Chrome/Safari
すべて
Opera
すべて
InternetExplorer
すべて

パラメータ

left | right | none | <page-floats>
初期値 none
適用 すべての要素
継承 しない
レベル 1-
%の解釈 -
適用メディア Visual
参考文献 CSS basic box model#10.2. The ‘float’ property

解説

フロートを指定します。

キーワード"left"、"right"はそれぞれ指定方向にフロートします。

CSS3から、ページメディアで指定箇所にフロートさせることが可能になりました。以下のキーワードを組み合わせて利用することが可能です:

inside
2ページの見開きで、右ページの場合は左側に、左ページの場合は右側にフロートします。
outside
2ページの見開きで、右ページの場合は右側に、左ページの場合は左側にフロートします。
page
ページ領域がルートであることを示します。
multicol
マルチカラム要素がルートであることを示します。
intrude
要素は他の列に侵入することができます。つまり、マルチカラムの要素に対してだけ意味を持ちます。
unless-room
要素が改ページをまたいでしまう場合は、フロートの値を無視します。それ以外の場合は、指定通りに配置します。
top
要素をフロールートの一番上にフロートします。
bottom
要素をフロールートの一番下にフロートします。
next
要素を次のページの一番上にフロートします。キーワード"bottom"と併用すると、次のページの一番下にフロートします。
page()
要素は指定された名前のページすべてにフロートします。
hide
"display: none"と同様です。どうも再考の結果、無くなりそうな気がします。
footnote
脚注として表示します。

後続するボックスで"clear"を指定することで、回り込みを解除することができます。

トラックバック

投稿されたコメント